曹洞宗 東龍寺
曹洞宗 東龍寺

トップページ

東龍寺の沿革

年間行事

永代供養墓

加茂法話会

ミニ法話

坐禅会

活動報告

イベント情報

眼蔵会

龍声

リンク集

お問い合わせ

曹洞宗 東龍寺

新潟県南蒲原郡田上町大字田上乙1374番地
TEL:0256-57-3395
FAX:0256-57-2174
mail:ryusei@ginzado.ne.jp

第十八回 眼蔵会開催の御案内

拝啓 陽春の候、皆様にはお変わりなくお過ごしのこと大慶至極に存じます。
 本年も拙寺では、僧俗一如(お坊さんと在家の方々が一緒に修行すること)の「第十八回眼蔵会(げんぞうえ)」を一休会(近隣の若手僧侶の会)のご協力を頂いて開催致します。
「眼蔵会」は、坐禅を実践しながら、道元禅師がお示しになられた『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』の集中講義を受ける、行学一如(学問と修行を共に行う)の法会です。
講師には、駒澤大学教授 角田泰隆先生をお招きします。師は、私と大本山永平寺で、共に修行をした法友であり、著書に「道元入門」「禅のすすめ 道元のことば」「坐禅ひとすじ」「ZEN道元の生き方」「禅と林檎 スティーブ・ジョブズという生き方」「道元禅師の思想的研究」「道元禅師研究における諸問題」等、多数おありです。
 そして、当山眼蔵会では、初回から講師をお勤め頂き、解りやすく内容の濃いお話で参加者一同より、好評を博しております。
今回は「行持」の巻の第四回目となります。「行持」の巻は、道元禅師が尊敬する禅師方の修行の様子を説かれたものです。
南嶽懐譲、香厳智閑、臨済義玄、雪峰義存の各禅師方の節を参究します。今回で「行持」の巻の上巻を最後まで読み終えたいと思います。
下記日程にて、行いますので、どうか、一念発起して、ご参加下さいますようお待ち申し上げております。
敬具

一、期日
七月三日(水)午後二時〜五日(金)正午(昼食有り)まで、
*当初の予定期日より、一日早くなりましたので、お間違いのないようにお越しください。

二、講師
駒澤大学仏教学部教授 角田泰隆先生

三、講本
正法眼蔵 「行持」 (講本は、こちらで準備します。)

四、参加費
三日間で、八千円 (一日につき、三千円) 宿泊の方は、布団代、千円をお願いします。

五、携帯品
筆記用具、寝間着、シーツ、枕カバー(バスタオルなど)、洗面具
    今回も、般若心経の写経を行いますので、書道用具(小筆・硯)もお持ちください。


尚、参加される方は、準備の都合上、六月二十九日(土)までに、お申し込み下さい。
  定員五十名になり次第、締め切らせていただきます。

〒959-1502 新潟県南蒲原郡田上町大字田上乙一三七四   東龍寺
TEL 0256-57-3395 Fax 0256-57-2174
URL http://www.ginzado.ne.jp/~ryusei/
e-mail  ryusei@ginzado.ne.jp

※詳細はこちらをご覧ください※
>>第十八回 眼蔵会開催の御案内・申込書(PDF)

Copyright (c) 2005 東龍寺 AllRights Reserved.