LastUpDate 2021/4/17
明けましておめでとうございます。

コロナ対策として入店時にアルコール(設置済)による消毒をお願いいたします。

家電製品、パソコンまわりのケーブルやマウス、自作マシン用のパーツまで、
ユーザーのみなさまのニーズにお応えする製品を常に提供し続ける、
「AKIBA」のホームページへようこそ!

ご案内


定休日のご案内。
 今月の休店日はありません。


      新企画 商売に役立つパソコン導入事例集 ぜひ一読あれ

   春物商品入荷各社展示中! 好評発売中。
   エアコンセール実施中!!!  お見積もり無料

    快適エアコン講座解説中!

    NCTケーブルテレビ

    インターネット会員募集中   IP電話サービスの提供開始について



  異常気象だからこそ【落雷・停電特集】サージが走り抜けたら クリック

速報

 米Microsoftは2月17日(現地時間)、次期大型アップデート(機能アップデート)にあたる「21H1」の概要を公式Blogで紹介した。今回は「21H1」を含むWindows 10回りの最新アップデートを紹介しよう。

2021年春のリリースが見込まれる「21H1」

「21H1」で提供される機能とその時期

 同Blogの中では、「2021年前半」以外の具体的な21H1の提供時期について触れていないが、例年の経緯から考えて4月中にRTM(Release To Manufacturing)に相当する最終版がリリースされ、5月以降に一般提供が開始されるスケジュールになると予想される。

 現行の「20H2」こと「October 2020 Update」と同様に「遅れもなくほぼ定例通り」にリリースされると考えられるが、その理由としては本連載でも何度か触れているように、「21H1は20H2同様にほぼ小規模なアップデートに留まる」ということが挙げられる。

 21H1では「x64 Emulation for Windows 10 on ARM」への対応など、プラットフォームによっては大きな機能変更があるが、機能全体で見れば変化の振り幅は少ない。むしろ、2021年後半に登場する「Cobalt」をベースとした「Sun Valley」への布石といった意味合いが強い。Sun Valleyでは、ユーザーインタフェースを含むルック&フィールに大きな改変が加わるといわれており、Windows 10としては久々の大規模なアップデートになると見込まれる。

 21H1では、「Windows 10(2004)」こと「May 2020 Update」以降で導入された「Servicing Technology」がベースになっており、大型アップデートながら通常の月例パッチ(毎月第2火曜日に提供されるセキュリティアップデート)と同程度の感覚でアップデートが行われる。

Microsoft 365 Personal登場
 米Microsoftは3月30日(米国時間)にオンライン発表会を開催し、従来までコンシューマー向けに「Office 365 Home」「Office 365 Personal」の名称で提供されていた生産性ツール製品を「Microsoft 365」の名称で4月21日よりリブランディングすることを発表した。

 米国での価格は、年間サブスクリプションがそれぞれ99.99ドルと69.99ドル、月額サブスクリプションが9.99ドルと6.99ドルとなっているが、この価格体系はそのままに「Microsoft 365 Family」と「Microsoft 365 Personal」に名称が変更され、既存ユーザーはそのまま新プランへと自動移行される。

 なお、この変更は全世界に反映されるが、日本では上記Office 365の2製品が提供されていないため、既存のOffice 365 SoloがMicrosoft 365 Personalへとリニューアルされ、そのまま移行する形となる。


Windows10情報

バージョン表記が変わります。

 今回からの大きな変更として、Windows 10のバージョン表記システムが切り替わり、秋のバージョンは、「Windows 10 バージョン20H2」と呼ばれることになる。2020年の春までは、Windows 10のバージョン番号は、西暦の下2桁とアップデート版の完成月2桁を組み合わせたものだった。



PCメーカー
 NEC富士通東芝Panasonic SHARPVAIO


Office情報

 
Windows8.1情報
Windows8.1 のサポート終了は 2023 年 1 月 10 日です。

サポートが終了すると、PC に必要な更新が受けられなくなります



ウィルス対策
■警告画面が出たら、[キャンセル] しましょう

情報処理推進機構(IPA)は、「偽セキュリティ対策ソフト」型ウイルスによる被害の相談や届出が増えているとして、利用者に注意を呼びかけています。
感染経路ははっきりしていませんが、被害者に感染した状況を聞いたところ、パソコンのプログラム未更新や検索サービス利用時などに被害にあうケースが多いとのことです。
 これら以外にもさまざまな名称の偽ソフトがあり、広くばら撒かれていることが推測されます。

【その他に確認されている「偽セキュリティ対策ソフト」の名称】
・AVASoft Professional Antivirus
・System Repair
・System Progressive Protection
・Live Security Platinum
・Smart Fortress


Windows は、ホームページに掲載されている写真や動画をクリックすると、既存の
画像ソフトや動画再生ソフトが起動するようになっています。しかし、実行しようとした
ファイルが画像や動画に見せかけた不正なプログラム、またはウイルスであった場合は、
プログラムを実行するかどうか“警告画面”を表示する仕組みになっていますのでご注意を。

(警告画面の例)
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2007/images/0704fig01a.png
http://www.ipa.go.jp/security/txt/2007/images/0704fig02a.png

      Windowsの高速・安定化法   パソコンを長持ちさせる3つの方法
      ノートパソコンのバッテリーを長く持たせるためには


問い合わせ
インターネットについては、
E-AKIBAはここをクリック
NCTはここをクリック
商品に関する、お問い合わせ及びサポートは
E-akibaサポートセンター(TEL:0256-35-5257)
平日10:00〜19:30(日・祝日は19:30まで)
※番号をお確かめの上、おかけください。
インターネットE-AKIBAのご案内
            三条市興野1-16-18
社名をクリックすると地図が   株式会社 アキバ

Copyright (C) 2002. AKIBA corp. All rights reserved.
This site is optimised for viewing with Internet Explorer version 5.0 or above in 800*600.