日本画家

岩田正巳


明治26年8月11日南蒲原郡裏館村(現三条市東裏館一丁目)生まれ
三条中学校(現県立三条高校)卒業
東京美術学校日本画科入学、松岡映丘に師事
大正7年東京美術学校日本画科卒
同研究科に進み、大和絵を研究
大正13年第5回帝展入選
代表作「高野草創」(第11回帝展特選)
「大和路の西行」(第15回帝展特選)
「石仏」(第17回日本芸術院賞)
昭和23年日展参事
昭和52年日本芸術院会員となる
昭和53年日展顧問
昭和54年勲三等瑞宝章を受ける
昭和59年3月9日三条市名誉市民第1号となる
昭和63年3月9日東京世田谷で94歳で逝去