スポーツ振興

 ジャイアント馬場




全日本プロレス

読売巨人軍

三条市西四日町にて

 

昭和13年1月23日三条市西四日町の生まれ。本名は馬場正平。
昭和30年新潟県立三条実業高等学校(現在
新潟県立新潟県央工業高等学校)在学中、読売巨人軍のスカウトに才能を認められ、高校在学中入団。
巨人軍で活躍するも怪我で野球を断念、昭和35年に日本プロレスに入団。
昭和47年10月、理想のプロレス団体を目指し、全日本プロレスを旗揚げ。
昭和49年、昭和54年、昭和55年、3度世界最高峰のNWA世界ヘビー級選手権を獲得。
16文キック、河津落とし、脳天唐竹割り、空手チョップなどの得意技で日本のプロレスファンを楽しませてくれた。
惜しまれながらも平成11年1月31日肝不全で、61歳で没する。
今でもジャイアント馬場は三条市民の誇りである。