腰痛 坐骨神経痛

「慢性的な痛み 痺れ」 鍼だから期待できる効果!

①鍼治療は深部の筋まで  無理なく刺激できます。

 

お尻や、腰の筋肉は玉ねぎのように何層にも重なっています。

整体やマッサージでは届かない「深いポイント」の筋肉に、無理なく刺激できる点が、他にはない「はり施術」のよさです。

用いる鍼も注射鍼とは異なり、ほとんど痛みを生じずに刺入することが可能です。

 

②脳への痛み信号を緩和!

 

慢性痛は長引く痛み刺激により、脳が痛みを感じやすくなっている状態(中枢性感作)の影響も考えられます。

鍼刺激は神経反射とホルモン分泌を介して、脳へ伝わる痛みの信号を和らげる効果が期待出来ます。(下行性疼痛抑制、内因性オピオイド)

③権威ある論文雑誌に、示される有効性。

 

1(ネイチャー ニューロサイエンス)鍼治療の局所鎮痛効果が示されています。

2(サイエンス 掲載)鍼治療の全身性の鎮痛効果が示されています。

3(ネイチャー メディシン 掲載)鍼治療による炎症を抑え、免疫を高める効果が示されています。

 

上記は医学会での最高峰の論文掲載雑誌です。信頼度の低いものは掲載されません。

鍼治療は、「局所や全身での鎮痛効果」「免疫調整効果」において、

信頼性の高い科学的証拠

があるということです。

 

医師の同意書で     健康保険が使えます。

・神経痛  /  リウマチ  /  頸腕症候群  /  五十肩  /  腰痛症  /  頸椎捻挫後遺症

 

上記疾患は保険医より同意書の交付を受けて施術を受けた場合は、療養費の支給対象となります。

同意書は鍼灸院に用意してあります。

かかりつけの保険医に同意書を記入していただきます。(整形外科でなくても構いません)

不明点 ご相談下さい!

無料相談」を受け付けております。 (30分程)

お店や施術者の雰囲気、同意書の件もご相談下さい。

ネットからもご予約可能です。

 

(予約TEL)025-378-3767

(Mail)hibiki@ginzado.ne.jp

「漢方薬」も併用することができます。

 

漢方薬は「生薬の力で身体を温め」「血液の循環を良くする」ことで、痛みの緩和や回復促進効果が期待できます。

生薬が優しく体質改善に働きかけ、痛みにくい身体づくりを行います。

鍼灸と併用することで 相乗効果が期待できます。

皆様の声

 

燕市 70代 女性 (腰痛 坐骨神経痛)

[内容]

私は昨年の夏ごろだったと思いますが、右足の先から、ももの付け根までしびれて、どうすることもできませんでした。

それがいつの間にか痛みまで出て、歩くのもやっとになり、整形外科に行っても、毎日リハビリに来てくださいと言われましたが、とてもいけません。

もう歩けなくなるのかと思う毎日でした。

痛みと痺れで「もう足を切りとってほしい」とまで思いました。

そんな時、近所の友達の紹介で、藁をもすがる思いでお願いしました。

そしたらなんと、次の日には普通に歩いている自分がいて、びっくりしました。

あれからもう一年以上過ぎますが、畑仕事や家事もできるようになり、大変喜んでいます。

そして心の相談までして頂き、本当に助かっています。

皆様もあきらめないで「はり」の」先生にみてもらって下さい。

私は今は本当に良かった思い、先生を頼りにしています。

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

燕市 60代 女性 (腰椎椎間板ヘルニア 坐骨神経痛)

[内容]

腰椎椎間板ヘルニアで術後でも、腰、右足が痛く歩行困難で来院しました。

静かで、体や心が疲れていても帰り際にはスッキリと帰れます。

とても私には合っていると思います。

施術後の感じは、体の状態でスッキリの日と、2~3日痛みの残る日があります。

私は来院して3~4年ですが、今では前よりも足の状態がよく、色々なストレッチも教わり、とても助かっております。

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

燕市 70代 女性 (網膜色素変性症 坐骨神経痛 五十肩)


[内容]

50代に網膜色素変性症を発症し、10年位前から知人の紹介で、はり治療を始めました。

始めた当時は、坐骨神経痛と肩の痛みがありましたが、今はすっかり良くなり、毎日の散歩や、畑仕事もできるようになりました。

はり治療のおかげで、視力の低下もゆっくり進んでいると感じています。

2週間に一度、往診してもらえるのも続けている理由で、体の健康について話をするのが楽しみです。

はりの痛みは、ほとんど感じず、リラックスできるため、健康のためにこれからも続けていこうと思っています。(親戚により代筆)

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

(参照論文について)

    当HPでは参照論文として、RCTを含むメタアナリシス解析を行われたものを中心にリンクしております。
    更なる大規模な追試の必要性がありますが、現時点で、鍼灸 漢方薬の治療効果の可能性をしめす上での、ひとつの根拠として示させていただきます。

お問い合わせ

(TEL)025ー378ー3767

(Mail)hibiki@ginzado.ne.jp

 

 

※(当日予約もOKです)

・お電話での予約、問い合わせは営業日9時~19時迄にご連絡ください。(治療中でも電話対応は可能です)

・返信メールはPCからになりますので、PCメール受信拒否設定の場合はお気をつけ下さい。