めまい 

繰り返すめまい症状へ  東洋医学的アプローチ!

【メニエール病】

【めまい 自律神経】

【めまい 頚 肩こり】

【良性頭位性めまい

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

鍼灸+漢方薬 相乗効果!

平成20年OPEN以来、めまい症状緩和 再発予防に鍼灸 漢方薬体質改善を行っています。

慢性化し、繰り返すめまい症状に、東洋医学的観点からアプローチできます。

鍼灸 漢方薬 単独での施術もOKです。

《WHOでもめまい症状は鍼灸の適応》

    1. WHO(世界保健機関)は、鍼治療は多くの治験を通じたうえで、メニエール病、めまいに対して適応症に認められています。

WHO 鍼灸適応

相談できる治療院です。

無料相談」を受け付けております。 (30分程)

不安点お気軽にご相談下さい。

ネットからもご予約可能です。

予約ページにリンクの際、数秒時間がかかる場合がございます。申し訳ありませんがそのままお待ちください。

(予約TEL)025-378-3767

(Mail)hibiki@ginzado.ne.jp

友だち追加

めまいは、平衡感覚障害

めまいは平衡感覚に異常が生じた場合に起こります。

① 目からの情報
② 耳(三半規管等)からの情報
③ 身体の各関節からの情報

上記の3つの情報を脳が適切に統合する事で成り立っています。

これらの何処が障害されても、めまいが起こります。

めまいの多くは内耳が原因

耳からの誤った情報が脳に伝えられると、身体の平衡を保つシステムが異常を起こし、めまい・ふらつき等の症状が現れます。

内耳の異常として、メニエール病は、内リンパ管水腫、内耳内の炎症、良性頭位性めまいでは「耳石の影響」が考えられています。

発性原因は不明で、構造的なな異常、アレルギーの関与、自己免疫、ヘルペスなどのウイルス感染、内耳の血流不全など様々な可能性が挙 げられています。

なぜ慢性化しやすく、治りづらいか?

内耳のリンパ液は外部との入れ替わりが少なく、入れ変わりの期間は数ヶ月と言われていますので、内耳内の炎症や循環不良のトラブルは、一度と不具合が起きると、治るまでに時間がかかると考えられます。

・内耳の環境改善
・循環障害等の要因となる頭頸部筋群の緩和
・全身の疲労、ストレス状態を緩和。

などを東洋医学的視点を踏まえ、はたらきかけていきます。

めまいへの 鍼灸施術

鍼灸は、耳周囲や首の反応点を刺激することにより、神経を通じて間接的に内耳に働きかけます。

鍼灸の効果に、血管やリンパ管の拡張作用、循環の悪い部分に直接作用し、炎症物質・老廃物の除去、酸素と栄養分の補給を行ない、より良い環境を作ります。

薬とことなり、局所的に働きかけることができ、副作用の心配も少ないです。

[開業11年 信頼 安心]  心地いいはり施術です

初回の施術で、お身体の変化を感じて頂ける方も多いです。まずは試していただき、体調を評価してください。

※はりの響きではキャンセル料を頂いておりません。当日体調がすぐれない場合は、お気軽にご連絡下さい。

【めまいへの漢方薬】

漢方処方は、「気、血、水」のバランスを整える事で症状を緩和していきます。

めまいは「水」が原因で起こるケースが多く、身体の余分な水分が、耳の内リンパ液の循環に影響し、めまいや耳鳴りを引き起こすという考えかたです。

「水」が原因のめまいでは、身体の余分な水を汗や尿として体外に排出する漢方薬(利水剤)を使用します。

体質別 きめ細やかな処方

[五苓散]

利水剤の代表的漢方薬です。水分代謝障害による症状に幅広く使えます。

[沢瀉湯]

メニエール病などの急性、回転性のめまいに取り入れます。含まれている生薬の種類が少ない分、効き目がはっきりしています。

[苓桂朮甘湯]

腹部の動悸、神経症タイプのめまい症状に使います。

[半夏白朮天麻湯]

胃腸がよわく、胃に水がたまりやすいタイプのめまい症状に使います。

めまい症状別 アプローチ

[メニエール病]

メニエール病の原因と考えられる、内耳リンパ水腫は、抗利尿ホルモン(腎臓での尿量の調整を行う)の影響が注目されています。

抗利尿ホルモンは精神的負荷 肉体的負荷で分泌が変動し、メニエール病の方は、ホルモンに対しての感受性も高まっているとの報告があります。

発作要因の一つに、感受性の高いところに、ストレスや疲労でホルモンが増えることで、内耳リンパのバランスが崩れる病態と考えることができます。

当院では鍼灸 漢方薬でストレスを緩和し、内耳周辺の循環改善に働きかけることで、発作や聴力低下の予防をサポートします。

[良性頭位性めまい]

良性頭位性めまいは、内耳の耳石が三半規管に入り込み、めまい症状が起こる病態と考えられています。

短期的な症状よりも、再発を繰り返すこと自体が、大変なストレスになります。

なぜ耳石がはがれやすくなるのかを考え、再発予防の為の体質改善を行います。

当院では更年期の女性に多いことや、骨粗しょう症の方の再発率が高いことから、ホルモンバランスや、カルシウム代謝改善もふまえ、鍼灸 漢方薬を取り入れていきます。

[頚性めまい]

頸部の筋緊張が原因で、椎骨動脈の循環不全、交感神経の刺激により、誘発されると考えられています。

鍼灸 漢方薬で首肩こりや、循環不良を改善し、姿勢などの生活スタイルも気を付けることが大切です。

[皆様の声]

燕市 60代 女性 (うつ病 メニエール病 自律神経不調)

[内容]

私は「うつ病」「メニエール病」で治療中です。

また「腰痛」「自律神経の不調」もあります。

具体的な症状(だるい、吐き気、頭の違和感、胸の苦悶感、不眠、食欲不振、めまい、耳鳴りなど)

不安が強く家に引きこもり、最低限の家事しかできない自分を責めてきました。

たくさんの薬を飲み、運動は苦手で、汗をかくのも嫌うという生活が10年以上続いていました。

渡辺先生の施術は、安心してリラックスして受けられます。

また、私の話をよく聴いて下さり、生活習慣、運動、栄養などのアドバイス、動機付けをして下さいます。

対話でも治療を受けていると思えます。

おかげ様で痛み、体調、心も楽になってきています。

減薬も進み、苦手な運動も少しずつやり始め、今は、里山歩きが楽しく、エアロビ教室にも参加しています。

疲れ過ぎてケアしていただくこともあります。

よくなった状態を維持していきたいと思い、また、ストレスから上記の症状が出ることがありますので、週に1回施術を受けています。

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

燕市 40代 女性 (動悸 めまい 不安感 自律神経不調)

[内容]

自律神経失調症と診断され、2カ月ほど服薬していましたが、動悸、不安感、めまい、全身倦怠感など悪化するばかりで、東洋医学での改善を期待してきました。

少しでも良くなる糸口になればと不調をおして来たところ、問診では、原因となる昔の出来事から考え方に至るまで、丁寧かつ冷静にカウンセリングして頂き、想定外に号泣してしまいました。

アロマとお灸の香りが合わさり、おばあちゃんの家に来たようなリラックスした気分になりました。

安心して色々な事を相談させてもらって、それだけでも気分が軽くなりました。

初回施術後は、お風呂上がりの子供のようなリラックスした顔の自分に驚きました。

すぐに全ての症状が消えたわけではありませんが、よく眠れるようになったり、胃腸症状が落ち着いたり、2回目以降は動悸も落ち着いてきたと思います。

漢方薬も併用しているので、焦らず続けていきたいです。

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

長岡市 40代 女性    (倦怠感 めまい 首肩のこり)

[内容]

全身の疲れ、めまい、首、肩のこりで来院。

施術中よりリラックスし、眠くなり身体がほぐれていく感覚がありました。

施術後数日間は、患部がじわっと血行が良くなっている感じと、気分がスッキリしていました。

ぎっくり腰と腰痛の際も施術をうけ、施術後、動きが楽になり痛みが軽減しました。

施術時に、こり固まっていた箇所が確認出来たので、自宅でもその場所をほぐすようにしています。

症状ついて、体の仕組みや考えられる様々な原因を教えて頂き、大変勉強になります。

※免責事項 お客様個人の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

お問い合わせ

(予約TEL)025-378-3767

(Mail)hibiki@ginzado.ne.jp

 

予約ページにリンクの際、数秒時間がかかる場合がございます。申し訳ありませんがそのままお待ちください。