商品案内 製造工程図 TV放映 ホーム コンセプト 問い合わせ
事業所名/日野浦刃物工房
所在地/〒955-0055 新潟県三条市塚野目1丁目9-15
TEL/(0256)38-0051
FAX/(0256)47-6052
E-mail/hinoura-hamono@beach.ocn.ne.jp
鍛冶銘・商標/司作(つかささく)  味方屋作(あじがたやさく)
代表作/山林用鉈各種 狩猟用鉈各種 特殊刃物各種 庖丁
沿  革
明治後期 : 旧味方村で初代 新太郎 鎌鍛冶として創業
1912 : 旧味方村より三条に移転
1957 : 二代目 勇次郎 本家味方屋より独立
三条市東新保に日野浦刃物製作所設立
1967 : 三条市興野に移転
1970 : 本家味方屋廃業
1978 : 三代目 司 鍛冶の道に入る
1982 : 本家廃業により“味方屋”名を継ぐ
1984 : 司ブランドを立ち上げる
1991 : 三条市塚野目へ移転
事業所名を日野浦刃物工房へ変更
2001 : 四代目 睦 鍛冶の道に入る
代表プロフィール
日野浦 司  三条名匠会会員

1956(昭和31)年、新潟県三条市生まれ。
22歳で家業を継ぎ、鍛冶職人の道へ入る。独学で冶金学を学び、「よく切れ」「刃こぼれしにくく」
「研ぎやすい」といった、エンドユーザーの立場にたった刃物づくりを目指している。
鍛冶銘・商標は『越後司作』と『味方屋作』。和包丁のほか、和式ナイフや鉈なども手掛ける。
2006年より世界最大の消費財見本市「フランクフルト・メッセ・アンビエンテ」へ作品を出展。
その技術と実用性、機能美の素晴らしさは高く評価されている。